2010年05月20日

連星の片方が爆発=5年前、日本人発見の超新星―すばる望遠鏡で観測(時事通信)

 山形市のアマチュア天文家板垣公一さん(62)が2005年7月に発見した超新星は、連星の片方が寿命を迎えて爆発した可能性が高いことが、国立天文台のすばる望遠鏡(米ハワイ島)などによる観測で分かった。板垣さんや川端弘治広島大准教授らの国際研究チームが20日付の英科学誌ネイチャーに発表した。
 この超新星「2005cz」は、地球からりゅう座の方向に約1億光年離れた楕円(だえん)銀河に出現した。連星は、互いに回り合う二つの恒星。このうち片方が「燃料」の水素を相手に奪い取られ、ヘリウムが主成分となった状態で爆発したと推定される。元の質量は太陽の8〜12倍だったとみられる。
 こうした超新星爆発のパターンは、理論では多いと予測されていたが、実際に見つかったのは初めてという。 

国公法改正案、きょう衆院通過(産経新聞)
<羽生市長選>河田氏が無投票再選(毎日新聞)
「2人目へ重点支援を」 参院選 小沢氏、亀井氏へ要請(産経新聞)
普天間で知事会の開催要請=麻生会長に首相(時事通信)
鳩山首相「ぶら下がりより記者会見を活用したい」(産経新聞)
posted by ヒラタ テツオ at 11:39| Comment(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月13日

「小沢チルドレン」首相・幹事長の辞任求める(読売新聞)

 民主党の横粂勝仁衆院議員(比例南関東ブロック、当選1回)は11日、国会内で記者団に、鳩山首相と小沢幹事長の辞任を求める考えを表明した。

 横粂氏は「民主党は期待していた姿とは違った方向に、第2の自民党に近づきつつある。政治とカネと普天間(飛行場移設)の問題で、(首相と小沢氏の)2人について厳しい批判をいただいている。そこを抜きにして、民主党は生まれ変わることはできない」と述べた。

 「小沢チルドレン」とも呼ばれる民主党の1回生から執行部刷新を求める声が公然と出るのは異例だ。

帰国ラッシュがピーク、成田空港に5万人(読売新聞)
女性に跳び蹴り 男が財布奪い逃走(産経新聞)
「河村市長、議会とうまくやって」身内も注文(読売新聞)
<社長刺殺>容疑で46歳社員を逮捕 千葉・船橋署(毎日新聞)
郵政見直し、限度額引き上げ理解できぬ 地方議員(産経新聞)
posted by ヒラタ テツオ at 03:43| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。