2010年06月07日

「日米同盟への影響心配」首相辞任に米も衝撃(読売新聞)

 【ワシントン=小川聡】鳩山首相が沖縄の米軍海兵隊普天間飛行場移設問題での対応などを巡る支持率の低下を理由に辞任を表明したことについて、米オバマ政権に近い知日派の一人は1日夜(日本時間2日午前)、「米国の責任で首相が辞めることになってしまった格好で、大変な事態だ。日米同盟への影響が心配だ」と深刻な受け止めを示した。

 米政府には5月28日の日米共同文書によって、「普天間問題の解決にはほど遠いが、普天間によって日米関係の別の議論が進まない事態は改善されるだろう」(元政府高官)と安堵(あんど)感が広がっていただけに、鳩山首相辞任のショックは大きいとみられる。

鳩山首相辞任 最後まで“宇宙人” 目うるませ「不徳のいたすところ」(産経新聞)
小児心臓移植、候補に6施設=7月施行前に―関連学会協議会(時事通信)
「鳩山政権支える」=小沢氏に伝達―亀井国民新代表(時事通信)
退陣前にねぎらい次々=鳩山首相(時事通信)
米軍の訓練水域の一部返還を決定 日米両政府(産経新聞)
posted by ヒラタ テツオ at 16:07| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。